税理士資格の魅力

税理士を目指そうかなぁと思っている人は、税理士資格の魅力を端的に知りたいと思います。

以下では、税理士資格の魅力を説明していきたいと思います。

【税務代理・税務書類作成・税務相談は独占業務】
税務に関する業務は税理士の独占業務となっています。
税務については税理士しかできないということです。
これは大きな強みとなりますね。

【科目合格制】
税理士試験は難関ですが、11科目の中から5科目合格すればよいとされています。
さらに科目合格性という独自の制度を採用しています。
これは1科目合格すれば、その合格は永久続くという制度です。
3科目合格すると、翌年以降は2科目だけ勉強すればいいのですね。

長く続ければ続けるほど有利になっていくわけです。

【働きながら合格できる】
科目合格制を取っているので、全ての範囲を同時に勉強する必要はありません。
毎年1科目ずつ合格を目指すのであれば、働きながら資格勉強が可能です。
仕事に支障がなく勉強することができるというのは、大きな魅力ですね。

【ほとんどの企業で活用できる】
税務に関する仕事はどのような場所でも存在します。
このため税理士の資格は、企業なら高く評価されるのです。
資格を有するというだけで、就職がしやすくなります。
それに加え対等の立場で条件を交渉することも、可能となります。

【独立可能】
士業全般に言えることですが、税理士は独立開業することができます。
サラリーマンでいたくないという理由で、税理士を目指す人も多いようです。

【努力次第で高収入も可能】
独立した場合、営業努力により1000万円以上稼ぎ出すことができます。
自分の能力次第で稼ぎが上がるのは、独立職の魅力ですね。

【公認会計士と比べて簡単に取得できる】
公認会計士と比べ、比較的簡単に取得できます。
公認会計士と税理士は職務内容は異なりますが、会計と税務は似通っています。
似た仕事をより簡単に取得できる資格でこなせるのは、大きな魅力ですよね。

This entry was posted in 税理士とは