税理士の主な仕事

◎税理士の主な仕事

税務一般が税理士の仕事です。
と言っても具体的にどのような仕事が業務なのかイメージし辛いですね。
そこで、税理士の主な仕事をこのページでは説明していきたいと思います。

税理士業務には、税理士法上の業務とその他の業務があります。

 

◎税理士法上の業務

税理士法は、2条に以下のような税理士の業務を規定しています。

【税務代理】
税務代理とは、税務署に対する申告等(申告・申請・請求・不服申立てなど)や、
税務署に対してする主張や陳述について、代理・代行することです。

税務調査へ立ち会って対応したりします。

【税務書類の作成】
税務書類の作成とは、税務署に対してする申告等に係る法令の規定に基づく書類等
(申告書・申請書・請求書・不服申立書など)を作成することをいいます。

確定申告の申請書などをイメージしてもらえれば、分かり易いと思います。

【税務相談】
税務相談とは、税務代理や税務書類作成に勧試、計算に関する事項について
相談に応ずることを言います。

業務内容について相談に応じることができるのですね。

【その他】
税理士業務に付随して財務に関する事務を行うことができます

 

◎その他の業務

税理士は業務に付随する範囲内で、
社会保険労務士業務の一部をなすことができます。
ですが「付随する範囲」が非常にあやふやで、問題となったこともありました。
そこで社会保険労務士会連合会と税理士会連合会が協議して、
一定の見解を表明しています。
社労士法2条1項1号の2と1号の3が定める提出代行・事務代理は、
付随業務ではないとされています。

士業同士の業務の棲み分けに関しては、
弁護士と行政書士など問題となる場面は多いですね。
士業を目指す以上は、この問題について詳しく知っておく必要がありそうです。

なお税理士資格を有している人は行政書士登録を受けることで、
行政書士となることもできます。
行政書士と税理士のダブルライセンスで開業している人も
少なからずいるようです。

This entry was posted in 税理士とは